三井住友カード ゴールド

更新日:2021年10月01日
海外・国内旅行保険が最高5,000万円、自動付帯額1,000万円とゴールドナンバーレスより補償額が充実。上位カード「三井住友カード プラチナ」を目指すならこのカードからがおすすめ
年会費(初年度) 年会費(2年目~) 国際ブランド 還元率 発行スピード 電子マネー/決済
初年度無料 11,000円(税込) VISA Mastercard 0.5%~2.5% 最短翌営業日 iD WAON

キャンペーン情報

  • 新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント!

口コミ・評価情報

  • 子供のいる普通の主婦が使うなら、もっと身近な特典のあるカードが良いと思います。

    昔、主人の家族会員カードとして持っていました。その当時のカードとしては普通のポイント還元率だったと思いますが、今はお得なカードが色々あるので使用するのを辞めました。
    空港のラウンジ無料サービスや、海外旅行保険などの特典はありがたかったですが、子供のいる普通の主婦が使うなら、もっと身近な特典のあるカードが良いと思います。

    2020年2月14日
    参考になった人数 2

    このレビューは参考になりましたか? 参考になった

  • 還元率や維持手数料は他のカードと比べたら、お得感はなし。

    還元率や維持手数料は他のカードと比べたら、お得感はなし。むしろ、維持手数料は高いと言っていいでしょう。しかし、信用力が違います。持っているだけで周囲から成功者として認めてもらえるぐらい、ステータスがあるカードです。
    また、どこでも、いつでも、極端な話ですが、世界を旅するする時は三井住友ゴールドカード1枚あれば充分です。
    最大の特徴としては、空港に訪れた際、三井住友ゴールドカードを所有していれば、ハイクラスのラウンジに無料で入れます。
    三井住友ゴールドカードは使い勝手云々より、持っているだけで信用の証となるステータスのあるカードです。

    2020年2月14日
    参考になった人数 0

    このレビューは参考になりましたか? 参考になった

カード情報

カード種別ゴールド
年会費初年度 初年度無料
2年目〜 11,000円(税込)
国際ブランド VISA Mastercard
発行スピード最短翌営業日
ポイントVポイント
交換マイル ANAマイル
電子マネー iD WAON
スマホ決済Apple Pay Google Pay 楽天ペイ
追加カード

ETCカード / 家族カード

ETCカード
追加発行

あり

利用特典

-

年会費

初年度無料

初回手数料

なし

備考

入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードのご利用がない場合は、ETCカード年会費550円(税込)のお支払いが必要となります。

付帯保険・補償

海外旅行保険
死亡・後遺傷害保険

最高5,000万円

自動付帯分:1,000万円、利用条件分:4,000万円
傷害治療費用

300万円

疾病治療費用

300万円

賠償責任

5,000万円

携行品損害

50万円

救援者費用

500万円

航空機遅延保険

-

国内旅行保険
死亡・後遺障害保険

最高5,000万円

自動付帯分:1,000万円、利用条件分:4,000万円
入院保険金日額

5,000円

通院保険金日額

2,000円

手術保険金

最高20万円

航空機遅延保険

-

ショッピング保険
年間補償額

300万円

カード紛失盗難補償
内容

特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前からその損害を補償いたします。

*各種保険等の適用には条件があります。詳細や最新の情報は公式サイトをご確認ください。

このカードの特徴

信頼と安心の三井住友カードのゴールドカード。ステータスカードとしては抜群で、世界中で使える優れた1枚。年会費は初年度無料、翌年は最安で4,400円まで下げることもできます。最短で翌営業日に発行できるのもポイントです。
三井住友カードから利用額・補償額・補償内容・ステータスを上げたいと思っている方にもおすすめです。

関連するおすすめクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

4.3

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

dカード GOLD

4.3

dカード GOLD

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

JCBゴールド

4.5

JCBゴールド

NO IMAGE

【クレジットカードのランキングについて】

当サイトのランキングは、「クレジットカード利用調査」の結果を元に作成しております。
調査元:金融Lab.
調査目的:クレジットカードに関する意識、利用方法、傾向についての調査
調査期間:2019年12月26日~。(定期集計)
調査対象:日本在住の全ての方
調査人数:1158人(2020年1月27日時点)
調査方法:インターネット上でアンケート調査
調査結果

【当サイトに関する注意事項】

※当サイトで紹介しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報やお問合わせは、各カード会社のホームページをご確認ください。
※お申し込みの際は、各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上、お手続きください。
※カード発行には、各審査基準に基づいた審査を行っています。
※本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

【お得な入会特典実施中】
専用のお申込みサイトに移動中です。
このまましばらくお待ちください。