キャッシングの返済方法|返済回数と利息の関係・手数料・返せる場所

クレジットカードでお金を借りられる「キャッシング」がますます便利になっています。

ネットや電話でサクッと申し込み、ATMや口座振り込みで即お金を受け取れるカードも多いです。

ただしキャッシングはあくまでも借入れなので、利用する際は返済のこともしっかり考えないといけません。

キャッシングを利用すると、借りたお金以外にも利息や手数料がかかります。

利息は返済回数が多いほど高額になるため、キャッシングのお金はすぐ返済するのが理想です。

本記事ではキャッシングの返済方法や利息の算出方法、返せる場所などキャッシングの返済に関する知識をまとめました。

これからキャッシングを利用する予定のある人や、すでにキャッシングを利用してこれから返済しようと思っている人はぜひ参考にしてください。

キャッシングの支払い方法
  • 1回払い:利息が少ない
  • リボ払い:月々の負担を減らせるが利息が高くなる
  • 利息を少なくするには、早く返済するのがポイント
キャッシングを返せる場所・返済方法
  • 口座振替
  • ATM
  • 指定口座へ振り込み

キャッシングの支払い方法

キャッシングの支払い方法は大きく分けて2種類あります。

  • 1回払い(一括払い)
  • リボ払い

多くのクレジットカードではキャッシング時に好きな支払い方法を選べます。

ただし、カードによってはどちらか一方しか利用できません。

また、海外のキャッシングについてはどちらか一方しか選べないことが多いです。

どちらの支払い方法を利用できるかはカード会社に問い合わせてください。

1回払い(一括払い)

キャッシング(1回払い) イメージ

1回払いはキャッシングで借りたお金を1回でまとめて支払う方法です。

クレジットカードによって一括払いとも言います。

1回払いのメリットは以下の通りです。

  • すぐに返済が終わる
  • 利息が少なく済む

1回払いの場合、翌月の引き落とし日に借入れた全額が引き落とされます。

借りたお金をすぐに返済できます。

キャッシングを利用すると必ず利息がかかります。詳しくは後述しますが、利息は借りた日数が長ければ長いほど高くなります。

1回払いはすぐに返済できるので、利息があまりかかりません。

給料日前にどうしてもまとまったお金が必要な場合など、すぐに返済分のお金を用意できるなら1回払いがおすすめです。

ちなみに、多くのカード会社ではあとからリボ払いに変更することもできます。

いったん1回払いにしておき、間に合わなそうならリボ払いに変更すると良いでしょう。

リボ払い

キャッシング(リボ払い) イメージ

リボ払いは毎月決まった額だけ返済していく支払い方法です。

リボ払いは分割払いと似ていますが、分割払いは「3回払い」「20回払い」といったように回数を指定します。

対して「毎月10,000円」「毎月5,000円」といったように支払う金額を指定するのがリボ払いです。

リボ払いには家計の負担を軽減できるというメリットがあります。

例えば急きょ10万円をキャッシングするとしましょう。1回払いの場合、次の引き落とし日までに10万円を用意しないといけません。

リボ払いの場合、毎月の返済額を自由に設定し、無理なく少しずつ返済していくことが可能です。

まとまったお金をすぐに用意できない時はリボ払いを利用しましょう。

ただし、リボ払いを利用すると返済完了まで時間がかかるのがデメリットです。

返済まで長くなれば長くなるほど、利息は膨らみます。

リボ払いには2つの支払い方式がある

実は、リボ払いはさらに2つの支払い方式に分けられます。

  • 元金定額:毎月の返済額が利息分だけ高いが早く払い終わる
  • 元利定額:毎月の返済額が一定だが返済に時間がかかる

「元金定額」は毎月の返済額に利息をプラスして支払う方式です。

利息によって毎月の支払額が変動しますが、リボ払いの残高は毎月一定額減ります。

他の方式より支払いが早く終わるので、結果的に支払う利息も少なくなるのが特徴です。

「元利定額」は毎月の返済額に利息が含まれます。

利息に関係なく毎月一定額だけ支払うため、家計の管理がしやすいのがメリットです。

毎月の返済額に利息が含まれるため、リボ払いの残高が「毎月の返済額-利息」分しか減りません。

元金定額より支払いに時間がかかるのがデメリットです。

カードによっては毎月の返済額が残高によって自動的に変動する「残高スライド元利定額」を採用しているものもあります。

たくさん使えば返済額が大きくなりますし、残高が少なくなれば返済額も少なくなるのが特徴です。

リボ払いの際、どの方式になるかはクレジットカード会社によって異なります。

事前にカード会社に問い合わせるか、規約やホームページをチェックしてください。

キャッシング利用時の利息の計算方法

電卓とお金

キャッシングを利用した際にかかる利息は電卓や表計算ソフト(Excelなど)で簡単に計算できます。

これからキャッシングを利用する場合は、借りる前に一度計算してみるとよいでしょう。

ここからはキャッシングの利息の計算方法をチェックしていきます。

クレジットカードの金利を把握する

キャッシングの利息を計算するためにはクレジットカードの金利を把握する必要があります。

自分が利用しているクレジットカードの規約やホームページをチェックしてください。

主なクレジットカードの金利は以下の通りです。

  • 楽天カード:18.0%
  • JCBカード:15.0~18.0%
  • 三井住友カード:15.0~18.0%
  • エポスカード:18.0%
  • イオンカード:7.8~18.0%
  • オリコカード:15.0~18.0
  • ライフカード:13.505~18.0%
  • セゾンカード:12.0~18.0%
  • ダイナースクラブカード:15.0~20.0%

金利はカードによってバラバラですが、15.0%前後が多いですね。

上記の金利はあくまでも実質年率です。実際にかかる利息は日割り計算されます。

計算式に当てはめて利息を算出

クレジットカードの金利が分かったら、それを以下の計算式に当てはめて利息を計算しましょう。

元金残高×金利×借入れ日数÷365日(うるう年は366日)

例えば実質年率18.0%のカードで50,000円のキャッシングを利用し、30日後に返済した場合の利息および返済額は以下の通りです。

  • 利息:50,000×0.18×30/365=739円
  • 返済額:50,000円+739円=50,739円

1回払いなら上記の計算を1回すればすべての利息が計算できます。

リボ払いの場合は元金残高が0になるまで上記の計算を繰り返すことで、利息のトータルを算出できます。

キャッシングの利息を低く抑えるコツ

カレンダーとお金

キャッシングの利息を低く抑えるコツは、ずばり「早く返済すること」です。

さきほどの計算式を見れば分かりますが、キャッシングでかかる利息は金利と返済までの日数で決まります。

金利についてはカードごとに決まっているため、変えることはできません。

そのため、キャッシングの利息を少なくするにはとにかく早く返済することが大事です。

できる限りリボ払いではなく1回払いで支払う

キャッシングの利息を少なくしたい時は、リボ払いではなく1回払いで支払いましょう。

リボ払いは毎月の支払い額が少なくなりますが、返済に時間がかかります。

トータルの利息は1回払いの数倍・数十倍になることも少なくありません。

例として、金利18.0%のカードで10万円のキャッシングを利用するとしましょう。

30日後に一括で支払う場合と、リボ払いで毎月5,000円ずつ返す場合とでは、返済総額・利息は異なります。

  • 1回払い:101,479円(利息は1,479円)
  • リボ払い:115,520円(利息は15,520円)

借りた金額は同じにもかかわらず、リボ払いだと一括払いより10,000円以上も利息が高いです。

リボ払いだといかに利息が高くなるかが分かりますね。

繰り上げ返済ができればさらに金利を抑えられる

もっと利息を少なくしたい場合は繰り上げ返済も活用しましょう。

繰り上げ返済とは、余裕があるときに残高をまとめて支払う方法です。

リボ払いの途中はもちろん、1回払いでも繰り上げ返済ができればさらに利息を抑えられます。

さきほどと同じく金利18.0%のカードで10万円のキャッシングを利用し、次の引き落とし日まで30日あるとしましょう。

普通に引き落とされた場合と、引き落とし日の10日前に繰り上げ返済した場合の返済総額・利息は以下の通りです。

  • 口座振替:101,479円(利息は1,479円)
  • 繰り上げ返済:100,986円(利息は986円)

この場合、繰り上げ返済にすることで500円ほど利息を減らせます。

同じ1回払いでも、繰り上げ返済して借りる日数を短くした方が利息も少なくなるわけですね。

キャッシングする際は事前にシミュレーションする

エポスカード キャシングシミュレーション

クレジットカードのキャッシングを利用する際は、事前にシミュレーションしてみましょう。

1回払いなら電卓があればすぐに利息が分かりますが、リボ払いだと計算が少し面倒です。

多くのクレジットカードでは公式サイトからキャッシングの支払いをシミュレーションできます。

キャシング予定金額や毎月の返済額などを入力するだけで、簡単に返済総額や利息、支払い終わる期間などの試算が可能です。

リボ払いを利用する予定があるなら、シミュレーションを利用して利息がいくらになりそうか把握しましょう。

もし利息が高くなりそうなら、1回払いの利用や繰り上げ返済の活用も検討してください。

キャッシングを返せる場所・返済方法と手数料

ここまではキャッシングの支払い方法や利息について解説してきました。

続いてキャッシングを返せる場所と返済方法、さらにその他の手数料について解説していきます。

キャッシングを返せる場所・返済方法もクレジットカードによって異なりますが、大きく分けると以下の3つです。

  • 口座振替
  • ATM
  • 指定口座への振り込み

口座振替による返済

キャッシングも通常のショッピング利用分と同じように口座振替で支払えます。もっとも一般的な返済方法です。

多くのクレジットカードでは1回払い・リボ払いのどちらでも口座振替が利用できます。

口座振替は手数料がかかりません。また、支払い忘れがないのもメリットです。

デメリットとしては、支払うタイミングを自分で指定できない点が挙げられます。

とくに1回払い選択時で引き落とし日まで時間がある場合は、繰り上げ返済したほうが利息を減らせます。

ATMを使った返済

銀行ATM

銀行やコンビニのATMで返済することも可能です。主にリボ払いを選択した場合に利用できます。

リボ払いの増額返済や繰り上げ返済する場合もATMで支払えるケースが多いです。

ATMの返済は好きなタイミングで返せるのがメリットと言えます。

最近では24時間開いているコンビニのATMでも返済できるので安心です。

ただし、利用できるATMの種類や手数料はカード会社によって異なります。

例えばイオンカードの場合、イオン銀行とゆうちょ銀行のATMで返済すると無料です。

それ以外のATMでは10,000円以内110円、10,000円以上220円の手数料がかかります。

ATMを利用する場合は、できる限り手数料がかからないATMを利用してください。

指定口座への振り込みによる返済

クレジットカード会社が指定する口座へ振り込んで返済することも可能です。

主に繰り上げ返済やリボ払いの一部返済などでのみ利用できます。

インターネットバンキングを利用すれば、時間や場所を気にせず返済することが可能です。

ただし、利用する金融機関によっては振込手数料がかかることもあります。

キャッシングの返済はお早めに!

以上、キャッシングの支払い方法と返す場所・返済方法について解説しました。

キャッシングの支払い方法と返済方法
  • 支払い方法は1回払いとリボ払いの2つ
  • 1回払いは利息が少ない
  • リボ払いは月々の負担を減らせるが利息が高くなる
  • 利息を少なくするにはなるべく早く返済するのがポイント
  • 返済方法は主に口座振替、ATM、振り込みの3つ

キャッシングの支払い方法は大きく分けて、1回払いとリボ払いの2つです。

1回払いはすぐに返済できるため、利息を抑えられます。まとまったお金をすぐに用意できそうなら、1回払いがおすすめです。

リボ払いは毎月決まった額だけ返済します。

少しずつ時間をかけて返すので家計への負担は減りますが、利息が高くなるのがデメリットです。

クレジットカードのキャッシングでは返済に時間がかかるほど利息が高くなります。

リボ払いを利用する際は増額返済や繰り上げ返済を活用し、少しでも速く返済するように心がけてください。

NO IMAGE

【クレジットカードのランキングについて】

当サイトのランキングは、「クレジットカード利用調査」の結果を元に作成しております。
調査元:金融Lab.
調査目的:クレジットカードに関する意識、利用方法、傾向についての調査
調査期間:2019年12月26日~。(定期集計)
調査対象:日本在住の全ての方
調査人数:1158人(2020年1月27日時点)
調査方法:インターネット上でアンケート調査
調査結果

【当サイトに関する注意事項】

※当サイトで紹介しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報やお問合わせは、各カード会社のホームページをご確認ください。
※お申し込みの際は、各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上、お手続きください。
※カード発行には、各審査基準に基づいた審査を行っています。
※本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

【お得な入会特典実施中】
専用のお申込みサイトに移動中です。
このまましばらくお待ちください。