ブラックカードとは?年会費高そう…持てる条件と持った時の特典

「ブラックカード」は、数あるクレジットカードのうち最上位ランクに君臨するカードです。

それだけに、直接申込んで発行することができないことがほとんどで、多くはインビテーション制(招待制)です。

簡単に手に入るカードではない代わりに、あらゆるカード特典が最高クラスです。生活の質が一段階上がること請け合いです。

この記事では、ブラックカードの種類や年会費、発行するための条件や、付帯特典について解説します。

ブラックカードの年会費や保有条件・特典
  • 年会費相場は10万円以上
  • 発行にはインビテーションが必要
  • インビテーションが送られてくるカードを使おう
  • 大切なのはカード利用実績
  • 専用コンシェルジュやVIP待遇特典が多数付帯

※本記事の価格は全て税込みです。

ブラックカードとは

『ブラックカード』とは最高ランクのクレジットカードを指します。

クレジットカードのランクには次のようなものがあります。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

カード会社によっては、一般カードの下に「学生カード」、一般カードとゴールドカードのいいとこ取りの「若者向けゴールドカード」を発行していることもあります。

ブラックカードはもともと、American Express(アメックス)が1999年に『センチュリオン・カード』というプラチナカードの上位カードを発行したことがはじまりです。

他社もこれに追随し、プラチナカード以上のランクのカードを発行したそうです。

アメックス・センチュリオンの券面が黒を基調としたものだったことから、「ブラックカード」と総称されるようになりました。

ただし、必ずしもカード名は「ブラックカード」ではなく、カード券面が黒ではないカードもあります。

つまり、ブラックカードに厳密な定義があるわけではなく、プラチナカードより上位のカードを指すと考えてください。

ブラックカードの年会費比較

クレジットカード

日本にはどのような種類のブラックカードがあるのか、年会費はいくらぐらいなのか、気になりますよね。

日本で発行されるブラックカードと呼ばれるクレジットカードの一例と、その年会費は下記のとおりです。

カード名年会費
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード385,000円 ※別途入会金550,000円
JCBザ・クラス55,000円
ダイナースクラブ プレミアムカード143,000円
Mastercard Gold Card(ラグジュアリーカード)220,000円
SURUGA Visa インフィニットカード132,000円
楽天ブラックカード33,000円

いずれも「ブラックカード」という名称ではありません。券面も必ずしも黒いわけではありません。

しかし、上記のカードは「ブラック」ランクに位置しています。

年会費は楽天ブラックカードのように33,000円で持てるものもあれば、入会金だけで550,000円もかかるアメックス・センチュリオンまでかなり幅があります。

当然ながら、カードの特典内容やステータス性と年会費にはある程度相関があると考えられます。

楽天ブラックカードは、他社のプラチナレベルであるという声もあるようです。

ブラックカードを狙うなら心がけたいこと

ブラックカードを発行するための条件は、どのクレジットカード会社も公表していません

年収水準や年間利用金額など、明確な基準はありません。

しかし、これまでブラックカードを実際に発行してきた人の傾向から、ブラックカードを持つための条件はある程度推測することができます。

ここでは、ブラックカードの発行を狙うのであれば知っておくべきこと、気をつけるべきことを紹介します。

ブラックカードを発行している会社のカードを使う

ブラックカードを狙うなら、ブラックカードを発行しているクレジットカード会社のカードを利用しましょう。

たとえば、アメックス・センチュリオンを狙うなら、アメックスが発行するクレジットカードを選ぶべきです。

三井住友カードやJCBカードなど、別のカード会社のクレジットカードを使い続けていてもアメックス・センチュリオンへの道はひらけません。

また、セゾン・アメックスなどの提携カードを利用することもおすすめしません。

アメックス・センチュリオンを目指すなら、以下のアメックスが直接発行しているカードを利用する必要があります。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)

インビテーションを獲得する

ブラックカードは「インビテーション制(招待制)」であることがほとんどです。

クレジットカードの多くはカード会社のホームページからの申請や、申し込み書類を郵送することで入会を申込むことができます。

しかし、ブラックカードは直接申込むことができないものがほとんどです。

クレジットカードの利用実績を積むと、クレジットカード会社から「ブラックカードを発行しませんか?」と招待状が郵送されることがあります。

つまり言い換えれば、クレジットカード会社が「あなたにぜひブラックカードを発行してもらいたい」と選んだ人が持つことができるということです。誰でも簡単に発行できるカードではないからこそステータスが高いのですね。

インビテーションは、基本的に1つ下のランクのカードを利用していると届くことがほとんどです(まれに、2ランク下のゴールドカード利用者に届くこともあるようです)。

そのため、もしアメックス・センチュリオンを発行したいのであれば、その一つ下のランクであるアメックス・プラチナで利用実績を積みましょう。

ではクレジットカード会社はどのようにしてブラックカードを発行する利用者を選んでいるのでしょうか。

ブラックカードを発行したいなら、「どうすればインビテーションが送られくるのか?」ということを意識する必要があります。

カードの利用実績を作る

インビテーションを獲得するためには、欲しいブラックカードを発行している会社から信頼を獲得すること。これに尽きます。

そのためには、利用実績を着実に積むことです。

年間10万円しか利用実績がない人と、年間500万円使う人であれば、カード利用額が多い人の方がインビテーションが届きやすいです。

また、利用金額が多くても支払い遅延や延滞があればカード会社からの信頼を獲得することは難しいでしょう。

支払い遅延・延滞をせずしっかり利用料を支払っている人にインビテーションは届きやすい傾向にあります。

社会的ステータスを上げる

ブラックカードの保有者は一般的に30代以上が多いといわれています。

そもそもゴールドカードやプラチナカードには、30歳以上という申し込み条件が設けられていることが多いです。

また、高い年収要件をクリアすることや高額の利用実績を作ることは、30歳未満の若い人には一般的に難しいでしょう。

「大学を卒業してすぐにブラックカードを発行できました!」という人はほとんどいないと考えられます。

経営者など、若くして安定した高収入があれば20代でもインビテーションが届くことはありますが、一般的には会社の規模や、役職、年収などの社会的ステータスも考慮されていると推察できます。

ただし、高い社会的ステータスがあり、高い年収を得ていても、支払い遅延や延滞などを繰り返している人のもとにはインビテーションは届かないでしょう。

反対に、社会的ステータスがそれほど高くなくても、しっかりした利用実績がある人のもとにインビテーションが届くこともあるそうです。

ブラックカードで利用できる特典

高級レストラン

ブラックカードに付帯しているカード特典は、カード会社によって様々です。各社強みがあるため、あなたが望む特典を持つブラックカードを目指すのがおすすめです。

一般には、ブラックカードには以下のような特典が付帯します。

ブラックカードの特典
  • 自分専用のコンシェルジュサービス
  • 高級レストラン優待などのグルメ特典
  • 高級ホテルや航空会社の上級会員資格特典
  • 充実した最高クラスのトラベルサービス
  • ブラックカード会員限定のイベント

自分専用のコンシェルジュサービス

24時間365日年中無休の体制でサポートしてくれるコンシェルジュサービスが利用できるブラックカードが多いです。

プラチナカードの中にはコンシェルジュサービスが付帯するものもあります。しかしブラックカードの場合、担当者が専属でついてくれることがほとんどです。

たとえばコンシェルジュには以下のような依頼が可能です。

  • 飛行機やレンタカーの予約・手配
  • コンサート・オペラ・美術館などのエンタメ情報収集
  • ニーズに合ったレストラン・料亭の検索
  • 海外からのレア商品取り寄せ
  • 渡航先での現地情報

まさに専属秘書のように24時間体制でカード保持者の生活をサポートしてくれます。

ブラックカードの年会費は高額ですが、24時間年中無休の専属秘書を雇えると思うと安くも感じますね。

高級レストランでの優待サービス

ブラックカードではグルメ特典も豊富です。会員制のレストランの予約や、高級レストランでコース料理が1名分無料になる優待サービスなどを受けることができます。

JCBザ・クラスでは『グルメ・ベネフィット』、アメックス・センチュリオン・カードでは『2for1 ダイニングby招待日和』など、カード会社によって名称や提携店舗に違いがあります。

取引先の接待や家族サービス、恋人との大切な時間を、特別な空間で、VIPサービスを受けながら楽しむことができる特典です。

高級ホテルや航空会社の上級会員資格取得

カード会社が提携している高級ホテルや、航空会社の上級会員資格が無条件で取得できる特典もあります。

一例を出すとアメックス・センチュリオンでは「リッツ・カールトン」や、「マリオネット」、「ヒルトン・ホテルズ・ワールドワイド」などの世界的に有名なホテルグループの上級会員資格を無条件で取得できます。

通常、厳しい条件を達成しなければ取得できない資格ですが、ブラックカード会員はカード保持者というだけで付与されます。

上級会員資格の特典内容一例は次のとおりです。

  • 優先予約
  • 座席や部屋のアップグレード
  • 上級会員用VIPラウンジへの招待
  • ウェルカムギフト
  • マイルやポイントの特別ボーナス

充実したトラベルサービス

ブラックカードはトラベルサービスも充実しています。家族旅行や出張で頻繁に飛び回る人に役立つ特典です。

  • プライオリティパス年会費無料で取得
  • 空港からの送迎サービス
  • 手荷物無料配達サービス
  • 高額の旅行保険、ショッピング保険
  • トラベルサポートデスク

本人はもちろん、お得意様をおもてなしするときにも利用できるラグジュアリーなトラベルサービスが多く付帯しています。

また、旅行傷害保険も充実の内容です。最高補償額は1億円が一般的で、あらゆるリスクに備えることができます。

会員限定イベント・サービス・プレゼントが多数

ブラックカードはインビテーション制のため「選ばれた人だけが持つができるカード」と表されることがあります。

まさに選ばれた人だけが参加できる会員限定のイベントやサービスがあるのも、ブラックカードの特長です。

  • バースデーギフトプレゼント
  • 乗馬イベント、ゴルフイベント
  • プライベートジェット、クルーズツアー
  • 提携テーマパークでVIP待遇
  • 高級ブランド店のプライベートショッピング

ブラックカードを保有する実業家や芸能人、プロスポーツ選手との繋がりを作ることもできるとか。特別な時間・空間を楽しめる特典です。

ブラックカードは利用枠が大きい

ブラックカードの利用枠は、下位カードに比べて高額です。

カード利用状況や資産状況によって設定額は設定されます。そのため一様ではありませんが、プラチナカードの平均300〜500万円に対し、ブラックカードでは800〜1,000万円が利用上限だといわれています。

「ブラックカードに利用額の上限はない」と一部噂されることもありますが、基本的にはカード発行時に利用限度額が設定されるようです。

人生で一度は持ってみたいブラックカード!

ブラックカードの年会費や保有条件・特典
  • 年会費相場は10万円以上
  • 発行にはインビテーションが必要
  • インビテーションが送られてくるカードを使おう
  • 大切なのはカード利用実績
  • 専用コンシェルジュやVIP待遇特典が多数付帯

ブラックカードの年会費は高額です。そのため、持てる人はかなり限られます。クレジットカード会社も、ブラックカードを発行する利用者を厳しく審査しています。

ブラックカードを発行した暁には、専用コンシェルジュやグルメ・トラベル特典などのラグジュアリーな体験が待っています。

付帯特典を使いこなす人にとっては年会費以上のベネフィットを享受できるカードでしょう。

1度きりの人生、死ぬまでに一度はブラックカードを持ってみたい!という人は、本記事を参考に目指してくださいね。

NO IMAGE

【クレジットカードのランキングについて】

当サイトのランキングは、「クレジットカード利用調査」の結果を元に作成しております。
調査元:金融Lab.
調査目的:クレジットカードに関する意識、利用方法、傾向についての調査
調査期間:2019年12月26日~。(定期集計)
調査対象:日本在住の全ての方
調査人数:1158人(2020年1月27日時点)
調査方法:インターネット上でアンケート調査
調査結果

【当サイトに関する注意事項】

※当サイトで紹介しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報やお問合わせは、各カード会社のホームページをご確認ください。
※お申し込みの際は、各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上、お手続きください。
※カード発行には、各審査基準に基づいた審査を行っています。
※本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

【お得な入会特典実施中】
専用のお申込みサイトに移動中です。
このまましばらくお待ちください。