ANAマイルにはANAアメックスおすすめ!年会費が安く、ポイントもたくさん貯まり、さらにアメックスのサービスが受けれる

ANAアメックスは、アメックスが発行するクレジットカードです。
ANAグループでのカード利用やANA搭乗時のボーナスでお得にANAマイルが貯められます。

今なら最大60,000マイル相当を獲得できるキャンペーン中なので、ぜひこの機会にお申込みを!

ANAアメックスは年会費が安い!

ANAアメックスの最大の特徴はなんと言っても年会費も安さ。
年会費は7,700円(税込)で、アメックスのプロパーカードの中で最も年会費が安いカードです!

アメックスカード名年会費
ANAアメックス7,700円 ※最安!
アメックスグリーン13,200円
SPGアメックス34,100円

アメックスのプロパーカードを1万円以下で持てるのは、魅力的ですね。

アメックス初心者の方や”最安年会費でアメックス発行カードを使いたい”という方は、このカードを選びましょう。

もちろん、国内外の空港ラウンジをカード会員本人と同伴者1名まで無料で利用できる特典なども利用できるのでアメックスグリーンとも遜色ありません。

通常ならゴールドカード以上の特典を、この年会費で利用できるのは嬉しいですね!

ANAアメックスのおすすめポイント(ANAの特典が満載)

ここからは、ANAアメックスがどういう人に向いているのか、おすすめポイントを解説していきます。

継続マイル

ANAアメックスを持っていると、毎年1,000マイルが継続特典としてプレゼントされます。
少なくても10万円の利用しないと貯まらないマイルが、毎年もらえるのは非常に魅力的ですね!

ANAマイル高還元

ANAアメックスを利用すれば、最大1%還元でANAマイルがためられます。

ただし、クレカポイントをマイルに移行する際には「ポイント移行コース(年間6,600円)」の加入が必要です。
なるべくコストをかけたくない方は、マイル移行する時だけポイント移行コースに登録しては解約するという使い方がおすすめですよ。

他にもポイント移行コースに加入すると、以下のような特典がついてきます。

  • ANAマイルへの移行が2倍になる
  • 航空会社でのカード利用やホテル・旅行代理店などでのカード利用時も還元率が上昇
  • 貯めたポイントの有効期限も無期限になる

ポイント移行コースに加入すれば、ポイント有効期限が無期限になり、ANAマイルへの移行が2倍になるため、ポイントの使い道に困ることもないでしょう。

ANA搭乗フライトボーナス

ANAアメックスを持っていると、ANAグループの飛行機への搭乗で10%のボーナスマイルがもらえます。

飛行機によく乗る方はザクザクマイルが貯まっていきます!

マイル交換の上限がない

貯めたポイントをANAマイルに交換する年間の上限がANAアメックスにはありません。

「え、普通なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、マイル交換可能なクレジットカードでは年間移行上限が設定されている場合が多々あります。

基本的にどこのクレジットカードもマイルに交換してまったらマイル有効期限は3年です。

マイルには有効期限があることを考えると、貯めたマイルを一度に交換することができないのは失効の恐れもありデメリットとなります。

マイル獲得シミュレーション

ANAアメックスを日常生活で利用して、年間どれくらいのポイントが貯まるのかシミュレーションすると以下図のようになります。


※ポイント移行コース登録時で計算

上記は単純計算ですが、ここからさらに継続マイルが1,000マイル加算され、フライトボーナスやANAグループ提携店舗でのカード利用で加算されるので、少なくとも年間15,000マイルは1年間で自然と貯まるでしょう。

東京←→大阪の区間を新幹線(指定席)で移動すると往復で3万円近くかかるため、15,000マイルは3万円相当の価値があると言えるでしょう。

また、ANAアメックスで1〜3年間マイルを貯めれば、海外往復の航空券もゲットできちゃいますよ。

  • ソウル往復:12,000-18,000マイル
  • ハワイ往復:35,000-43,000マイル

さらに、ANAカードマイルプラス加盟店なら、通常ポイントと合わせて100円につき1マイルが自動加算されるので、よりスピーディーにマイルが貯められます。

加盟店はANAグループでの支払いはもちろん、ホテルや百貨店、スターバックスなどのレストランや公共料金の支払いに至るまで幅広い店舗が用意されています。

有効期限

アメックスのポイント(メンバーシップリワード)の有効期限は3年間となっています。

ただし「ポイント移行コース」に登録することでポイントの有効期限が無期限になります。
ANAマイルに交換するために必要なので、マイルへ交換する時だけ登録してもいいですね。

ただし、ポイントの有効期限は無期限になっても、ANAマイルの有効期限は3年間なので、マイルの交換制度をうまく活用することが必要です。

ちなみに、ANAアメックスで貯めたポイントはカード年会費の支払いにも使うことが可能です。。

アメックスで貯めたポイントが高レートになる「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスを利用すると、2022年10月31日までは1ポイント1.5円(還元率1.5%)の高還元で年会費に充当することができるのも嬉しいですね。

特に入会1年目はキャンペーンなどでポイントが貯まりやすいので、あっという間に年会費の7,700円分のポイントに達するでしょう!

コロナのような旅行ができない緊急事態時でも、ポイント無期限や年会費充当と無駄のない利用ができるのはかなり優秀なカードです。

ANAアメックスの審査基準

ANAアメックスの審査基準について、気になる方も多いでしょう。

「外資系カード」は過去の支払い履歴よりも「支払能力があるかどうか」を重要視しているので、収入が安定していてそれなりの年収になっていれば審査に通る可能性が高くなります。

身内の話にはなりますが、年収200万円台の新入社員でもアメックスグリーンを作ることができましたので安心して申込をしてください。

基本的に配偶者が以下の条件を満たしていれば主婦(主夫)でも審査通過可能です。

ANAアメックス利用者の口コミ

実際にANAアメックスを利用している方の口コミを紹介します。

飛行機はANAという方にはいいカードだと思います。

ANAマイルが1000ポイントを1000マイルに交換できるので交換レートとしては優秀だと思います。
搭乗ごとにボーナスマイル、カード継続でも1000マイルくらいもらえた記憶があります。
私はカード2年目にポイント移行コースに加入してコストを最小限に抑えてマイル交換しました。5万マイルくらいは貯まりました。
ANAだけって人にはおすすめできますが、LCCも使うって人には恩恵が少ないかな。(会社員 男性 30-39歳 3年利用)

こちらの方はある程度ポイントが貯まってからポイント移行コースに登録してANAマイルに移行したとのことです。

ポイント移行コースは登録すると年間6,600円がかかるので、ポイントを移行するまで登録しないのは賢い選択です。

「5万マイル貯まった」とのことですが、ANAアメックスのマイルの貯めやすさがうかがえますね。

1%の還元率でポイントが貯まるのですが、税込み100円当たり1ポイントなのが地味に嬉しい。

1%の還元率でポイントが貯まるのですが、税込み100円当たり1ポイントなのが地味に嬉しい。いわゆる死にポイントが少なくて済みます。
ただ、マイルを効率的に交換するには「ポイント移行コース」に入る必要があって、年会費が必要。年会費分をカバーするのは少し大変です。
旅行関係のサービスは悪くない。キャリーケースを帰りに送れるのは便利です。(会社員 女性 30代 2年利用)

ANAアメックスは100円の利用ごとに1ポイントが貯まるので「死にポイント」が少ない、ということが喜ばれているようです。

クレジットカードの中には200円の利用ごとにポイントが入るようなカードもあるのですが、その場合200円に満たない支払いは0ポイントになってしまうのです。

これがいわゆる死にポイントで、カードによってはもっと高額の支払いでしかポイントが付与されないことがあるのです。

「キャリーケースを帰りに送れるのは便利です。」という部分については、ANAアメックスには「手荷物無料宅配サービス」というものサービスがあり、海外旅行からの帰宅時にスーツケース(キャリーケース)を1個まで無料で配送してくれるものです。

旅行後の移動で疲れた中、重いスーツケースを持って移動するのは大変なので、配送を無料で任せられるのはかなり有難いですよね。

最大60,000マイル相当プレゼントキャンペーン中!

2022年4月5日(火)までの申し込みで、最大60,000マイル相当プレゼントキャンペーン中です。

・ご入会ボーナス
ANAアメックスカードに入会すると1,000ボーナスマイル獲得
・カードご利用ボーナス1
入会後3か月以内に10万円のカード利用で6,000ボーナスポイント獲得
・カードご利用ボーナス2
入会後3か月以内に30万円のカード利用で20,000ボーナスポイント獲得
・抽選ボーナス
2022年5月31日(火)までに30万円以上カード利用した方の中から抽選で100名様に30,000ポイントプレゼント

※「60,000マイル相当」の中に30万円のカード利用時の獲得ポイント3,000ポイントが含まれます。

「入会後30万円のカード利用」は光熱費、携帯代、ネット料金などの支払いに設定した上でメインカードとして生活費分をカード利用すれば難しい条件ではないので、ぜひ漏らさず獲得してください。

まとめ

ここまで、ANAアメックスの特徴を解説してきました。

まとめると、ANAアメックスは「ANAグループや日常生活でお得にマイルを貯めたい」「アメックスブランドのカードを年会費格安で持ちたい」という方に特におすすめのカードです。

さらにマイルを効率よく貯めたいのであれば、上位カードのANAアメックスゴールドもあるので、まずはANAアメックスで利用実績を積んで審査に通りやすくしてからご検討ください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANAアメックス)

年会費(初年度)7,700円(税込)
年会費(2年目~)7,700円(税込)
家族カード2,750円(税込)
ETCード年会費無料、発行手数料935円(税込)
還元率1%~2.5%
国際ブランドAMERICAN EXPRESS
交換マイルANAマイル
申込条件満20歳以上、安定収入のある方
発行スピード1~2週間
NO IMAGE

【クレジットカードのランキングについて】

当サイトのランキングは、「クレジットカード利用調査」の結果を元に作成しております。
調査元:金融Lab.
調査目的:クレジットカードに関する意識、利用方法、傾向についての調査
調査期間:2019年12月26日~。(定期集計)
調査対象:日本在住の全ての方
調査人数:1158人(2020年1月27日時点)
調査方法:インターネット上でアンケート調査
調査結果

【当サイトに関する注意事項】

※当サイトで紹介しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報やお問合わせは、各カード会社のホームページをご確認ください。
※お申し込みの際は、各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上、お手続きください。
※カード発行には、各審査基準に基づいた審査を行っています。
※本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

【お得な入会特典実施中】
専用のお申込みサイトに移動中です。
このまましばらくお待ちください。